名 称

筒台会
設 立 昭和22年
住 所 神戸市中央区野崎通1丁目1番1号
TEL/FAX 078-271-4000
URL

http://www.todaikai.net

Mail todaikai@todaikai.net
同窓会会員数 24,344名(平成29年4月)
活動内容 総会の開催
懇親会の開催
機関紙「筒台会報」の発行
HP「todaikai」の運営
職 名 氏  名(H29年度 新役員
会 長 高21 織戸 新
副会長
高21 達脇 寛 高24 兼氏 敏幸
東京支部長 高24 大政 直人
総 務   
高22 石谷 健次 高22 坂本 裕子
高24 黒田 勇 高24 進木 健三 
高24 小林 伸子  高27 坂口 秀昭 
高33 遅  秀蘭
会 計  高33 増田 精三  高38 谷口 昌樹
高38 田中 孝幸
 
会計監査  高21 寺内 修 高21 先間 芳武
事 務 局
廣田 たつ子(葺合高校) 村上 ひろ子(葺合高校)
辻本 正子  (葺合高校) 矢部 浩史  (葺合高校)
木下 智彰  (葺合高校)

顧問(常任)
相談役(常任)
  9 代校長 神田 民枝
高 8 北風 雅頌
10代校長 竹内 静夫
高 8 山西 乙平
12代校長 絹笠 清二
高11 松宮   功
13代校長 大月 民義
高16 志水 利達
15代校長 小嶋 良平 高18 古川 浩
16代校長 山﨑 秀昭

17代校長 油谷 健夫

18代校長 二宮 尊志
 
19代校長 田中 一好
 
20代校長 田阪 義英

21代校長 西尾  勝

22代校長  片山 忠政 (現校長)



筒 台 会 会 則

(平成22年6月26日改正)
(平成13年4月12日改正)

第1章  総 則

第1条 本会は、筒台会と称する。
第2条 本会は、母校神戸市立葺合高等学校内に本部を置く。
また便宜の地に支部を置くことを得、支部細則はその支部において適宜にこれを定め代表者は会長の承認を受けるものとする。 
第3条 本会は、神戸市立第一中学校、神戸市立神戸高等学校、神戸市立夢野台高等学校、神戸市立葺合高等学校の卒業生及び関係者によって組織する。
第4条 本会は、会員相互の親睦と向上を図り、かつ母校の発展を援助するをもって目的とする。
第5条 本会は、その目的を達成するため次の事業を行う。


1、会誌、名簿発行

2、物故会員の追悼会

3、会員の慶弔

4、その他母校の発展を援助するための有意義な事業

第2章  組 織

第6条 本会は、正会員、特別会員、名誉会員、賛助会員をもって組織する。


一、正会員 母校卒業生及び母校中途退学者にして会員の推薦により役員会の承認を得たる者

一、特別会員 母校の現職員及び旧職員

一、名誉会員 本校又は本会に功労ある人にして総会の決議により推薦せられたる者。

一、賛助会員 正会員にして第11条の規定による賛助会費を納入したる者。

第7条 本会の役員及びその任務は次の如くである。


一、会 長 1 名 本会を代表して会務を総理する。

一、副会長 若干名 会務に関して会長を補佐する。

一、総 務 若干名 会の記録及び総務を担当する。

一、会 計 若干名 会計を管掌する。

一、会計監査 若干名 会計を監査する。

一、幹 事 各会若干名及び支部、クラブOB会代表者。会務を処理する。

一、常任幹事 若干名 会務を処理する。

一、顧 問 若干名 会務に関し会長の相談に応じる。

一、相談役 若干名 会務に関し会長の相談に応じる。

第8条 1、役員の選挙方法は次の如くである。


一、会 長 正会員の互選とする。

一、副会長 幹事の互選とする。

一、総 務 幹事の互選とする。

一、会 計 幹事中より会長が任命する。

一、会計監査 会員の推薦による。

一、幹 事 各会正会員の互選及び正会員中より会長が任命する。

一、常任幹事 幹事の互選及び監事中より会長が任命する。

一、顧 問 特別会員及び名誉会員中より会長が任命する。

一、相談役 正会員中より会長が委嘱する。

2、任期は2年とする。但し再選を妨げない。任期中役員に欠員が生じた場合は会長の指名により補充することを得る。
3、役員会、役員総会及び常任幹事会、幹事会は会長が必要と認めた時及び役員若干名の提案によりこれを開くものとする。

第3章  会 計

第9条 本会会計年度は4月に始まり翌年3月に終わる。
第10条 本会の経費は会費及び寄付金をもってこれに当てる。
第11条 会員は終身会費を入会時に納入する。金額は別に定める。
賛助会員は賛助会費として年額1口(1,000円)以上を納入する。
但し、特別会員及び名誉会員からは会費を徴収しない。
第12条 会計報告は定時総会及び会報上においてこれをなす。

第4章  総 会

第13条 本会の定時総会は、毎年1回6月第4日曜日又はその前日に行う。但し、役員会において必要と認める時は臨時総会を開くことがある。
第14条 総会は次の事項を定める。


1、総会報告及び会計報告への承認

2、役員の選出及び承認

3、会則の変更の承認

4、その他本会運営上の必要事項

第15条 総会の決議事項は出席者の過半数をもってする。

第5章  会則の変更

第16条 この会則は、役員・幹事総会において決議し、総会の承認を受ける。
第17条 会則施行上必要な細則は役員会においてこれを決定する。



(以下細則)

(平成22年6月26日改正)
(平成3年4月1日改正)

慶 弔 規 定

1、会員結婚の場合は、事務局が連絡を受けたる限り祝電をもって祝意を表する。

2、会員の死亡の場合は、事務局が連絡を受けたる限り弔電をもって弔意を表する。

3、母校本務職員転退職の場合は、母校勤務年数10年以上10,000円程度
5~10年は5,000円、3~5年は3,000円の記念品を贈呈する。

4、母校本務職員死亡の場合は、香奠として10,000円を供える。

5、本会顧問及び相談役死亡の際は香奠として10,000円を供える。

6、母校クラブが予選を経て全国大会又は相当の大会に出場する場合は、出場祝金の贈呈をする。

7、特別考慮を要する場合及び出場祝金の額はその都度役員会において決定する。

旅 費 規 程

1.本会の為に必要な出張については、役員会において決定する。


一、会長・その他役員は、旅費。

一、宿泊(ビジネスクラス)については必要な場合これを認める。

会 費・組 織


1、正会員の終身会費は10,800円とする。

2、正会員の終身会費改正は幹事会で決定する。

3、役員会は会長、副会長、総務、会計、会計監査で構成する。

4、役員総会は役員会構成員、顧問及び相談役で構成する。

5、常任幹事会は常任幹事及び役員会中よりの若干名で構成する。

6、幹事会は、本会役員全てで構成する。

7、役員の補充については、2名以上の推薦により役員会で決定し、役員・幹事総会で承認する。


筒台会個人情報管理規定 (平成23年6月25日)

基本的人権の尊重とプライバシプライバシー保護の観点から、個人情報の適切な利用と保護はきわめて重要です。本会では個人の権利利益を保護し、社会の信頼に応えるという基本方針を具体化するために、以下の活動を行います。

1、個人情報の収集、管理、利用および提供にあたっては、その目的を明らかにし、使用範囲を目的内に限定し、安全かつ適切に取り扱います。

2、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、および漏洩などの予防に万全を期すとともに、そのリスクに対しては速やかに是正措置を講じます。

3、本会に個人情報保護委員会と個人情報保護管理者を置き、本会の業務に従事するすべての者は、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守します。また、その責務の重要性を認識し、具体的な保護措置を習熟するため、必要な教育および研修を行います。